RSS|ARCHIVES|ADMIN

旧古河庭園[01]

2013.12.06 Fri
実は。。。第2希望でした(苦笑)


P1190217.jpg

師走最初の日曜日に訪れました。


P1190231.jpg

旧古河庭園です。


P1190232.jpg

ホントは六義園に行きたかった(苦笑)のですが


P1190241.jpg

午前中にも関わらず入場待ちの行列に驚愕し(苦笑)。。。


P1190244.jpg


「このまま帰るのもったいないなー。」



P1190249.jpg

偶然(笑)徒歩圏内に旧古河庭園があることを知りました。
(てか、地図を見ただけです。。。)


P1190252.jpg


「旧古河庭園って聞いた事あるけど駒込にあったんだー。」(苦笑)



P1190260.jpg


「六義園ほどではないにしてもそれなりに楽しめるよね、きっと。」



P1190262.jpg

なんて上から目線で伺った所「とってもステキな所。」でした♪
(てか、六義園にも行ったことはないのですが。。。)


P1190267.jpg


「どーん。」



P1190268.jpg

「ふーん。」


P1190326.jpg

こんなステキな所なのですがみんな六義園に行ってしまうのか(苦笑)


P1190331.jpg

それほど混雑していなくてゆっくりお散歩でしました♪


P1190333.jpg

し・か・も、園内にはこんなステキ洋館もあるんですよ♪



しかし。。。



P1190201.jpg


「なーんだ。」



ま、「そもそも」ちゃんと調べてこないのがいけないのですが。。。


P1190202.jpg

「てか、別料金なんだ。。。しかも予約制とは。。。おまけに「往復葉書でお申込み」だなんて。。。」



ハードル高過ぎ。。。です。



P1190216.jpg

そんなこんなで園内の一角にある「追加料金なしで入れる♪」バラ園にやって来ました。



「え。バラどこ???」



ふふふ。実はこの両側がバラ園です。
まさに写真を撮っているこの場所の両側にバラ園があるのです♪



その模様は次回のお・た・の・し・み♪
blogram投票ボタン  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑クリック宜しくお願いします。


↑↑↑一日一回ポチっとお願いします♪
↘↘↘コメントもお待ちしております。
スポンサーサイト





Theme:日帰りお出かけ | Genre:旅行 |
Category:散歩 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<旧古河庭園[02] | ホーム | 秋の北欧[77]>>

Re: 古河庭園 行ってまいりました。

kenkenさん、コメントありがとうございます♪
ステキ庭園、お出かけになったのですね。
コメントを拝見してワタシも行きたくなりましたー!!!
あー、そんなに良かったんですか。。。しかも予約ナシでOKだったんですね♪
素晴らしいレポートをありがとうございました。
読者の皆様にとってもきっと参考になると思います。
仰る通り今はとっても寒いので(苦笑)もう少し温かくなったら行ってみようかな。。。
その頃は予約ナシぢゃ、無理かな。。。悩ましいです。
- | よっちー! | URL | 2014.01.15(Wed) 19:26:27 | [EDIT] | top↑ |

古河庭園 行ってまいりました。

ヨシヲさん、今晩は。

ヨシヲさんの記事に触発されて先日行ってまいりました、古河庭園。
いやー、良かったです。
真冬で寒かったけど・・・・

ただシーズンオフだったため、古河邸に簡単に入ることが出来ました。
往復葉書の申し込みなど必要なく、時間間際に園内放送で「只今より、古河邸の見学を始めます。先着30名様まで見学できます。御希望の方は古河邸玄関まで・・・・」という放送が流れ、それではと行ってみたら一番乗りでした。しばし応接間で待ちましたが、結局30人どころか、たった3人での拝観となりました。(ちなみに見学者は名前を書くのですが、そのノートによると10時半の回と1時の回は見学者一人のようでした)

見学料は525円でしたが、いやー良かったです。
見学時間はきっかり一時間。係の人が丁寧な説明と共に案内してくれます。

内部はイギリス人の建築家が設計した完全なるマーナーハウスです。
特に重厚な作りの大食堂が素晴らしく、いかにもイギリスの貴族のお屋敷と言う感じです。
数多くのイギリス映画を思い出しました。(ただ終戦後、進駐軍に占領された後、長い間放置されていたので、壁に掛けてあったタペストリーなどが全て駄目になったらしく、それだけが残念でした。あれで絵画やタペストリーがかかっていればそれは素晴らしいものだったと思います。)

二階には和室があるのですが、洋風と上手く調和させるように作ってあって、それはそれでよく出来ていました。(設計したイギリス人は若い頃日本にやってきて、すっかり日本が気に入り、日本人と結婚し、日本に帰化したみたいです)

庭園も室内から見るとまた違った趣がありました。
紅葉の頃、桜の頃は素晴らしいでしょうね。
写真撮影は禁止でしたが、あれは一見の価値がありますね。

本当に素晴らしい所を紹介していただきました。
ありがとうございます。
SFo5/nok | kenken | URL | 2014.01.14(Tue) 20:26:18 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://yoxiwoo.blog.fc2.com/tb.php/847-74e63bb4