RSS|ARCHIVES|ADMIN

ホンコン・デリー♪ [23]

2011.06.21 Tue
デリーで世界遺産(その2)
「フマユーン廟」編




さて前方に見えるクトゥブ・ミナールを後に次の目的地に向かいます。




門。




そしてまた門。




あーまたまた門。




もんもんもん。。。




門の先には




見えました♪




フマユーン廟です。




ここから中に入れるようです♪




まるで赤いタージ・マハル。。。




似ていますね、やはり。
フマユーン廟の建築様式はタージ・マハルにも影響を与えたとも言われているようです。








墓廟のせいか、(インドなのに)とっても静かです。
















こちらは内部(玄室)の撮影もOKでした♪




アラベスク模様もステキです♪








さて、女の子と一緒に降りましょう♪




影響を与えたどころか。。。




タージ・マハルの色違い???






美しい建物です。




Humayun's Tomb
1565-72 A.D.
Hamida Banu Begam, Humayun's grieving widow built Emperor Humayun's mausoleum. Precursor to the Taj Mahal, it stands on a platform of 12000㎡and reaches a height of 47m. The earliest example of Persian influence in Indian architectures, the tomb has within it over 100 graves, earning it the name ‘Dormitory of the Mughals’. Built of rubble masonry, the structure is the first to use red sandstone and white marble in such a great quantity. The small canopies on the terrace were originally covered in glazed blue tiles, and the brass finial over the white marble dome is itself 6m high.



Isa Khan Tomb Enclosure
1547 A.D.
Isa Khan Niyazi was a noble in the court of Sher Shah Suri. This enclosure includes his tomb and a mosque both built during his lifetime. The octagonal tomb, predating the Humayun Tomb by only 20 years, has striking ornamentation in the form of canopies, glazed tiles and lattice screens. Along the western side of enclosure, the three bay wide mosque has a grand red sandstone central bay and striking mehrabs. Until the early 20th century, and entire village had been settled in the enclosure.



と言う事で次はイサカーン廟です。





八角形の内部は玄室です。





「あれ、さっきの訳はどうなってんの???」



「あ、ご想像にお任せします♪」




えー、あちらに見えますのがイサカーン・モスクでございます♪






ミフラーブですね。




こんな位置関係です。
(アバウトですね。。。)






モスクの中はとってもシンプル。
もはや信仰の場と言うより、そうであった「場所」なのでしょう。




では、次行ってみましょうか♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
スポンサーサイト





Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:MAY2010 香港/デリー/アグラ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |