RSS|ARCHIVES|ADMIN

2007年5月のウラジオストク(ロシア)「シリーズ過去旅」

2008.03.17 Mon
南米旅行記も無事に(?)終了しましたので、「シリーズ過去旅」と称して過去の旅行を振り返ってみたいと思います。
(ブログをアルバム代わりにしちゃおう。という魂胆もあります。。。)

2007年5月10日(木)~13日(日)の4日間、当時以前勤めていた会社の出張でウラジオストクに行って参りました。
初めての海外出張、しかも初めて訪れる土地です。
ちょっと、ドキドキ。

父がロシア人なのでロシア語は母国語も同然、な~んて事は全くありません。
英語もロシア語もノーサンキューのワタシ。。。最初から珍道中の予感です。




ロシアの査証です。
ご存知の通りロシアへ行くには査証の取得が欠かせません。
ホログラムなんか入っちゃってシャレてます。

ウラジオストクへはウラジオストク航空(XF)の利用が便利です。
関空、新潟、富山、北九州からダイレクトフライトがあります。

ワタシは新潟から渡航することになりました。
東京駅から新幹線で新潟駅まで行き(所要約2時間)、バスに乗り換え新潟空港へ向かいます(所要約30分)。
新潟空港(KIJ)⇒ウラジオストク(VVO)の所要時間は約1時間30分です。
ワタシにとっては新潟空港に向かうまでが「旅」でした。

XF夏季フライトスケジュール
XF808便 KIJ15:50発⇒VVO19:30着
XF807便 VVO14:50発⇒KIJ14:20着
*日本とウラジオストクの時差は2時間です。(3月末~10月末のサマータイム時)

ロシア人スタッフと合流し、いよいよ搭乗です。
(お騒がせしました。実はロシア人スタッフも一緒です♪)




ツポレフTU204-300型機です。
ロシア製の機材に乗るのは初めてです。







「何事もありませんよーに。。。」



新しい機材のようです。
なかなか快適だな。。。
と感心していましたら、この機材、スペック的にはボーイング757に近いのだそうです。




ちらっと見えたビジネスクラス。




色んな意味で楽しみにしていた機内食が配られました。
1時間半ですから。。。




ロシアと言えばロシアン・ティーはお約束。
でもジャムはありません。


「ねぇ、ジャム付かないの???ロシアンティーって紅茶の中にジャム入れるよねー???」



とロシア人の同僚に聞いてみると、



「ロシア人は紅茶にジャムは入れません。アレは日本人の勘違いです!」



ときっぱり。
本来はジャムを少しずつ口にしながら紅茶を楽しむのだそうです。
お勉強になりました。
ところで、この機内食見かけによらずなかなか美味しかったのです。

無事空港に到着しました。
夜着でしたので、ホテルにチェックイン後夕食を取りに近くのレストランに入り、軽く食事をして休みます。




宿泊したのはウラジオストクホテル、部屋数が405もある老舗の大規模ホテルです。

金曜日と土曜日はしっかりお仕事、しかも夕方から雨という最悪の天気でしたので楽しみにしていた街歩きが出来ませんでした。
可愛そうに思ったのか、現地の取引先の方が



「どこか行きたい所ある???」



と聞いてくれました。
気が利くぅ♪と思いながら、

「スーパーマケットに行きたい!!」

とお願いしました。





「何でしょう???」



キャビアの元です。
チョウザメさんですね♪
チョコレート売り場の隣に「ドーン。」と大きな水槽が置いてありました。

さて、帰国日となりました。なんと帰国日は快晴です。



「帰国日が快晴でもねぇ。。。」



いいえ、大丈夫です。
万が一晴れてもいいように念の為早起きしていました。
さっさと朝食を済ませ時間いっぱいまで街を歩いてみましょう。




ウラジオストクホテルです。
年季、かなり入ってます。




ホテルの目の前はアムール湾です。




ホテルの部屋からも眺めることが出来ます。




帝政ロシア時代を彷彿とさせる建物が並びます。






「魔よけ???」










横断幕がロシアらしいです。




ウラジオストク駅。
シベリア鉄道の始発(終着)駅です。






こちらはソビエト時代を彷彿とさせる大きな建物です。




手前に見えるスヴェトランスカヤ通りの向こうはウラジオストク中央広場です。
交通量が多くて広場まで行けませんでした。。。




フォーキナ提督通りです。




カフェやレストランが立ち並ぶエリアです。




「XFの横断幕発見!」

そろそろ時間となりました。
ホテルに戻りチェックアウトを済ませ空港に向かいます。




帰りは違う機材でした。
ツポレフTU150Mです。
こちらはかなり年季が入っていました。

帰りは社長と一緒でしたので(ガーン。)写真は撮れず。。。
あくまでも業務渡航ですので。。。

「地味な所かな???」

と思っていたウラジオストクですが、食事は美味しいし楽しい所でした。
何しろ日本(新潟)から1時間半でそこはもう紛れもなくロシアなんです。
何だか不思議な感じでした。
プライベートでも訪れてみたい街です。
スポンサーサイト





Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:MAY2007 ウラジオストク | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |
<<2007年3月のバンコク(タイ)①「シリーズ過去旅」 | ホーム | 石垣イチゴ食べ放題の巻>>

No title

かしましさん、初コメントありがとうございます。
ハチドリさんのブログではお馴染みさんですよね♪
ぶっちゃけトークありがとうございました。何だか今の公立高校ってステキなんですね。。。交換留学のプログラムがあるなんて、夢のようです。ウラジオと大連と韓国って所がなかなか渋いですね♪
ワタシは南米旅行がきっかけでハチドリさんのブログに辿りついたんですよ。読ませていただいているうちに「いいなぁ、ワタシもやってみようかな。。。」と思ったんです。だからハチドリさんはワタシのブログの師匠なんです。
息子さんも海外ホームステイの経験をお持ちなんですね。羨ましい限りです。ワタシも是非一度経験してみたいです。
周りの皆さんが国際的なので、何だか足取りも軽くなるような感じですよね。かしましさんも是非、ひょいっとお出かけ下さい!!
79D/WHSg | yoxiwoo | URL | 2008.03.19(Wed) 17:21:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

そういえば、南米にもお出ましになってるのですね!私とハチドリさんとは、そもそもサンパウロがキーワーズの出会いでした。愚息が中二のときにサンパウロから少しだけ内陸に入ったところにホームステイで2週間ほど、出かけた体験から、ブラジルにとても友情を覚えていた私だったのです。どこまでも続く赤い土に当時学校崩壊しつつあった中学校生活で生気をもらった息子でした。小学生時代に一家で東南アジアへ、私とはオーストラリアのとある小さな町でホームステイをしながらの暫くの逗留
、中学2年のブラジル行きは夏でしたが、同じ年の冬にはひとりでアメリカへ、と息子の若い心に海外は 十分ある役割をしてくれたように思います。その後息子は海外へは行かず専ら古きよき都に満足していますが、私のところでしょちゅう出入りする外国人のホスト役には、時間が合えば手を貸してくれますね。三つ子の魂何とやら、なのかも、と思いますね。
79D/WHSg | かしまし | URL | 2008.03.19(Wed) 14:29:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

はじめまして♪
でもないですかねぇ~~~
ハチドリ軍団からおめもじに参りました!
そしてびっくり、です。ウラジオにいらっしゃっていたのね!
私も、ではないのですが、私の職場の、っていうかぶっちゃけ、学校ですが、ロシアのウラジオストックに交流校を持っていて、毎年、互いにホームステイで行き来させているのですよ。
ついこの年末も生徒19名と教師(私ではない)2名がお世話になりました。その費用(同時期に行った中国・大連と韓国のも含めて)の決算を出すのに年度末ひーこらしていました。生徒全員がそれぞれ第二外国語を学んでいて、在籍中に必ず海外渡航をするそんなカリキュラムの学校なんですよ。れっきとした公立の高等学校ですけどね。それで、私は母国語以外は自信のある言語はないし、なのに、国際部に属しているので、この1年国際交流にはほんと、苦労させてもらいました。生徒たちはやはり、井の中の蛙から脱却してとっても成長して帰ってきます。それは嬉しいです。私はロビンさんにも、そうそうハチドリ軍団の親分のハチドリ女史にはもちろん、それからこれからは、よっちーさんにも大いに影響を受けて遅かりし雄飛をしてみたいと思っています!
79D/WHSg | かしまし | URL | 2008.03.19(Wed) 14:19:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

よっちーさ~ん、早速お返事ありがとうございます。

私もベルリン大好きです。もう何回も行ってます。
2月に、日本から友人のお嬢さんが遊びに来られたので、いい口実でしょ、3泊4日で行ってきました。
ベルリンの市長さん曰く、「ベルリンは貧しい、でもセクシーだ」って。
でも工事現場は行くたびに増えて、セクシーというよりカオスです。

最も地価の高いところに、未だにアエロフロートの大きな建物があって、そしてその直ぐ側に、それはりっぱなロシア大使館があるのですよ。
なるほど、共産圏だったのねって思います。

これからもよろしく。

ただ今、自宅のPCより。
79D/WHSg | のんちゃん | URL | 2008.03.19(Wed) 02:14:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

ハチドリさん、コメントありがとうございます。
ブログってスゴイですねぇ。。。(遠い目)。ワタシのブログがどんどんインターナショナルになって行きます。。。あまり緊張しないで(?)相変わらずゆるゆるやって行きます♪
ワタシはモスクワには行ったことはありませんが、話を聞くとみんな口々に薄暗い、不気味って言いますね。ウラジオストクは港町だからでしょうか、解放的な雰囲気があります。道はデコボコ、陥没していても補修はしないなど、ムムって思う所はありますが、今後ウラジオストクに石油のパイプラインでも通るような事があれば、開発が進んで行くのではないかと思っています。道がキレイになって、交通の便が良くなったらまた行きたいな、と思います。
79D/WHSg | yoxiwoo | URL | 2008.03.18(Tue) 17:17:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

のんちゃんさん!初コメントありがとうございます。
職場から(うぷぷ)お越し下さいましてありがとうございます。
ヨシヲ(「よっちー!」でも「ヲイっ!」でも何でも結構です。)でございます。どうぞ宜しくお願いします。
ハチドリさんのブログでお見かけしておりました。のんちゃんさんはドイツにお住まいでしたよね。。。ベルリンとドレスデンに憧れてます。行ってみたいです。
ブログは呑気にやらせていただいておりますので、またゆっくり遊びに来てくださいね♪
79D/WHSg | yoxiwoo | URL | 2008.03.18(Tue) 17:05:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

ヨッチーさん。モスクワには1回、パリに行く途中にトランジットで寄りましたが、
雰囲気が違うのですねえ。表情が暗くて、少し怖かったのを覚えています。
アルバム代りという意味ではブログはとっても便利ですよね。
イギリスのロビンさん、ドイツののんちゃん、そしてブラジルのハチドリと
国際的になってきましたねえ~♪頑張って!(と言ってもプレッシャーをかけて
いるわけじゃありませんよ、安心してね)
79D/WHSg | beijaflorspbr | URL | 2008.03.17(Mon) 21:56:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

こんにちは、はじめまして、ハチドリさんの所から伺いました。
面白そうなブログですね。
ただし今職場からなので長居ができません。帰宅してからじっくり訪問させてください。
ツボレフ、懐かし~っい。航空運賃の高いころアエロフロートには随分お世話になりました。
79D/WHSg | のんちゃん | URL | 2008.03.17(Mon) 21:07:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

ロビンさん、コメントありがとうございます。
ちょっと、ちょっとロビンさん!ホントですか???素晴らしいじゃないですか!!!しかも成田発って事は一旦帰国されるんですよね?!?!
オフ会かぁ。。。是非ロビンさんにお会いしたいです!!楽しみにしてま~す♪
79D/WHSg | yoxiwoo | URL | 2008.03.17(Mon) 19:35:00 | [EDIT] | top↑ |

No title

ヨッチーさん、こんにちは!シリーズ過去旅なんてナイスですね。
また楽しみができて嬉しいです。明日からちょっとpcの無い環境に
身を置くので、帰宅したら、ヨッチーさんのブログに釘付けになりそう。
あ、そうだ、ご報告です。ハチドリさんのところでもチラっと書きましたが
6月からヨッチーさんの真似事をすることになったんですよ。
私がヨッチーさんの南米旅行にヒーヒー笑い転げているのと時を同じく
して、主人も友達からファーストの世界旅行の話を聞いていたらしく、
主人のほうからやろうじゃないかの話が!もう、びっくりですう~。
成田から旅行を開始し、一旦LONでブレイク。その後、SINに行って、
オセアニアを回ります。その内オフ会をする機会があれば、ご報告
しますね~。
79D/WHSg | ロビン | URL | 2008.03.17(Mon) 18:21:00 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://yoxiwoo.blog.fc2.com/tb.php/38-6493165d