RSS|ARCHIVES|ADMIN

魅惑のマレーシア[21] マラッカ(チェン・フーン・テン寺院)

2009.01.18 Sun


オレ・サヤンでランチをいただいた後、再びミニバンに乗り込み青雲亭(Kuil Chen Hoon Teng)にやって参りました。





「はい。いらっしゃい。」









青雲亭(チェン・フーン・テン寺院)
マレーシア最古の仏教寺院。開基は1646年で、本堂の完成は1704年。当時の姿をそのまま残す本堂の建築資材はすべて中国本土から運ばれたものです。









建築発願は明朝遺臣の李為経によるもので、内陣に彼の肖像が掲げられています。明朝は満州族に滅ぼされ、李はマラッカに逃れここに明国再興を祈願したと言われます。本尊は観世音菩薩です。(ウェンディーツアーHPより抜粋)






何だか不思議な雰囲気を感じるお寺です。








お寺の歴史などが刻まれているのでしょうか。
正確なところは良く分りません。








細かい装飾が見事で、しかもとてもいい状態で保たれています。






この青雲亭はイスラム教寺院やヒンドゥー教寺院などが立ち並ぶハーモニー・ストリートにあります。
様々な信仰を持つ人々が仲良く集まるからハーモニーなのかな。。。

これから1時間は「自由行動」なんですって。
他にお客さんはいないんですけどね。



「ガイドさんとドライバーさんの休憩時間」なのかな。



このハーモニー・ストリートにほぼ平行するようにジョンカー・ストリート、そしてヒーレン・ストリート(!!!)があります。
暑いけど、モリモリ歩いてみましょう!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
スポンサーサイト





Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 クアラルンプール/カラッカ/シンガポール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「東京ディズニーシー」で練習 [04] マゼランズでディナー | ホーム | 椿山荘で結婚式>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://yoxiwoo.blog.fc2.com/tb.php/179-066e8a95