RSS|ARCHIVES|ADMIN

メキシコノタビ。[26]

2011.11.03 Thu
テンプロマヨール




「てか、そもそもテンプロマヨールってなーに???」



テンプロマヨールはスペイン語でTemplo Mayorと書きます。
Temploはお寺、Mayorは大きなという意味です。





「あ、じゃ、大寺院ね。」






「正解。」



ですけどここはアステカ文明の遺跡でございますので
やはりそれらしく「大神殿」と訳すのが良さそうです。




スペインから来た侵略者が破壊尽くしたあの大神殿の跡がここにあります。





「うーん、ロマンロマン。」



(どこかで聞いた事のあるような。。。)




併設されている博物館に入ってみました。




それにしてもメキシコの博物館ってどこに行っても外れがないですね。。。





「ワシもそう思う。。。」






「お、おじいちゃん。。。」






「大きな石だな。。。」



と眺めていると




黄色。




灰色。




白。





「ね。」





「うん。」



という事で、カラーのライトを石に当てて当時の彩色を再現しています。
なかなかステキな演出です♪






ツボに張り付いたヒトがどうしても気になります。




顔面アップ♪
歯も見えています。




どうせなら手も飛び出ていてもいいと思います。。。






時代ごとに分かりやすく分類、展示されています。




近代に近づいてきました。




当時の流通経路でしょうか。。。




大西洋を中心に見るとメキシコはスペイン対岸だとはっきり分かります。




アジアの拠点はマニラだったのですね。。。
日本は有田、中国は景徳鎮からマニラを経由してメキシコはアカプルコまでどんぶらことやってきたのですね。





「アンタも頑張ったんだねぇ。。。」





どこにでもありそうな湯呑がねぇ。。。




今度はガラスです。




次はメトロポリタンカデドラル。。。





「・・・。」





良く分かりません。




こちらは埋葬の様子でしょうか。




大神殿の模型も展示されていました。




それにしても




リアル過ぎます。。。



blogram投票ボタン
↑↑↑応援ポチっとお願いします♪

スポンサーサイト



Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:AUG2011 メキシコシティ/カンクン/オアハカ/ロサンゼルス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |