RSS|ARCHIVES|ADMIN

リストランテ・ポルトファーロ 銀座本店

2009.03.31 Tue


週末のランチタイム、銀座でイタリアンです♪




Menu Speciale
クレジット会員用の「特別メニュー」です。
毎月送られてくる会員誌で見つけて(「またですか。。。」)、予約してみました。




スパークリングワインをお願いしました。




パンが運ばれて来ました。

antipasto 1(前菜1)は「ずわい蟹とグレープフルーツのカクテル」なのですが、予約時に「蟹」は食べられない事を伝えておりました。



「フォアグラはいかがでしょうか。」



「やった♪」



前菜がフォアグラだって。。。ふふふ。

「楽しみ~♪」




フォアグラのテリーヌぢゃありませんか。。。
フォアグラだけど。。。
ま、前菜ですし。。。




antipasto 2(前菜2)は「グリーンアスパラガスのミモザ風サラダ」です。
オリーブオイルのソースがいい感じです。




お次はpesce(魚)です。
この位の単語であればワタシにも理解できますです。。。
魚料理は「真鯛のソテー 筍と新ジャガイモのクリームソース」でした。




お店の大きな窓の下は銀座4丁目の交差点です。
上から眺める銀座、とても新鮮な感じがしました。




お次はpastaです。
「あさりと菜の花のスパゲッティ アンチョビ風味」です。
春らしい一皿でした。
菜の花って美味しいですよね♪




お次はcarne「お肉」です。。。
焼くのにちょっと時間が掛かっているようです。

「それともワタシのペースが早過ぎ???」




来ました。「牛ヒレ肉のポルチーニ茸風味パン粉焼き 春野菜のバターソース」です。

お肉様、ちいちゃい。。。
ランチだから、いいか。。。

それにしてもポルチーニ茸の香りってステキですね♪




さて、dolce e caffe(デサートとコーヒー)です。
dolceは「苺とホワイトチョコレートのムースとフランボワーズのジェラート」です。
ホワイトチョコレートのムースは初めていただきましたが、とってもステキなお味でした♪




caffeです。イタリア語ではfを2つ並べるのですね。




温められたフォーム状のミルクでしたので。。。





「ヨシヲ作、ラテアート。」



意味不明な所がアートです。




銀座の夜景を眺めながらのディナータイムも楽しそうです。
ちなみに今回のコース、ぐるなびのスペシャルコースと同じ内容でした。。。
カード会員専用ではなかったようです。。。
でも。。。この内容で「4,000円」ですし(飲み物別)大満足です♪

「えっと。。。Porto faroってポルトガルの地名じゃなかったっけ。。。」

ま、いいですよね。

「釜山港」と言う名の日本料理店がヨーロッパにあっても不思議じゃなさそうですし。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪

スポンサーサイト



Theme:グルメ情報!! | Genre:グルメ |
Category:食事 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[10] カレル橋

2009.03.29 Sun
真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[10]
カレル橋





聖ミクラーシュ教会のあるマラー・ストラナ広場からカレル橋に向かいます。




橋塔が見えてきました。






昨晩は旧市街側からこちら(マラー・ストラナ地区)側に歩きましたが、今朝は逆にこちらから旧市街側に向かってみましょう。




ゆっくり歩けそうです。




こちらは脇を流れる小川です。




運河なのでしょうか。。。




ブルタヴァ川です。






このカレル橋には30体もの聖像が並んでいます。





「あ、竹コプター♪」



ではありません。
すみません。。。そもそも竹じゃありません。



「見つけた♪」





この図柄に触れると幸せになれると言われている「聖ヤン・ネポムツキー」像(の台座)です。





「でも。。。触るの忘れた。」





先に進みましょう。。。




橋の一角(にしてはかなり大規模です)では修復工事の真っ最中でした。
こうやって美しい街を守っているのでしょうね。
こんな意味のある工事なら街の皆さんも大歓迎でしょう。








カレル橋の聖像は美術品としても評価が高いそうで、オリジナルの1部は国立美術館に保存されているようです。




旧市街側、東の橋塔に到着しました。
こちらの橋塔は冬場でも登ることが出来ます。




登ってみました。




カレル橋が見渡せました。
かなり広い範囲で修復工事が行われていたのですね。




対岸にはプラハ城が見えます。






「百塔の街」と呼ばれるプラハです。




この街にはトラムが欠かせないような気がします。




満喫しました。




ちなみに入り口はこちらです。




目印はこの小さな看板です。




見逃さないで下さいね♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2009 プラハ/ブダペスト/ウィーン | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[09] マラー・ストラナ地区

2009.03.25 Wed
真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[09]
マラー・ストラナ地区



中欧旅行、3日目の朝です。




あの素晴らしいサロンに今朝も来ております。




昨日は壁面の素晴らしい装飾に目を奪われておりましたが、床もまるで寄木細工のようにステキでした♪




朝からしっかりいただきます♪
本日は夕方のフライトでブダペストに移動する予定です。



「それまで、しっかり歩かないと。。。」







ほどよい甘さが何ともステキなペストリーさん♪
さすが、カフェの国(???)ですねぇ。。。




さて、トラムに乗って昨晩も訪れたマラー・ストラナ広場にやって参りました。




お散歩開始です♪




どこもかしこもステキです♪




「デジカメで良かった♪」






枚数を気にせず「バシャバシャ」撮れます♪




何でしょう。。。
記念碑???




と思ったら、教会前の広場だったのですね。。。






こちらは18世紀始めから約半世紀をかけて建てられた「聖ミクラーシュ教会」です。




教会はまだ開店前で(???)入ることが出来ません。
周辺を歩いてみることにしました。




教会の前の広場は駐車スペースになっています。





「顔みたい。。。」





ホントに一人一人違う顔なのです。
凝ってますね。
兵隊さんでしょうか。。。




広場を囲む建物の一つに「穴」が開いていました。
向こう側に行ってみましょう♪




「向こう側」です。




カフェのようです。
メニューも出ていますし。。。
でも、このSaint Nicholas Café、入り口が見つかりません。



「まさかこの小窓が全て???」



自動販売機の人力版???
その時点で「自動」ぢゃありませんから。。。



「ま、細かい事はいいんぢゃないの???」






「そうだよね。豚さん♪」



お肉屋さんも並んでいます。
(イリグチアリマス。)






この街並みにはトラムが良く似合います。






坂道を登った所に一軒のかわいいカフェを見つけました。




そのカフェの横には何とも気になる小径がありました。




マンホールまで。。。
凝ってますねぇ。





「この先も行ってみたいですか???」






「は~い♪」





何でしょうね。。。
物置だったら、オシャレ過ぎです。






道端には素朴なお花さんも咲いていました。






「小径ちょっと散歩」楽しかったです♪






さて、再び聖ミクラーシュ教会に戻って参りました。




見事な内陣です。




天上のフレスコ画も見事です。










祭壇上のドーム部分です。






色鮮やかなフレスコ画に圧倒されます。




この教会のパイプオルガンではモーツァルトも演奏したことがあるそうです。






素晴らしい教会でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2009 プラハ/ブダペスト/ウィーン | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[06] プラハ城

2009.03.17 Tue
真冬の中欧(プラハ・ブダペスト・ウィーン)歩きまくり。[06]
プラハ城





旧市街広場から地下鉄に乗ります。




かなり、深いです。
そう言えばサンクトペテルブルク(ロシア)の地下鉄も深かった。。。



「コレって社会主義の遺産???」



それとも地盤が弱いだけ???ですか。。。




Namesti Republiky(ナームネェスティ・レプブリキ)、共和国広場駅です。
(発音記号はつける事が出来ません。。。)




Mustek(ムーステック)、博物館(美術館)駅(かな???)で乗り換えます。




地下鉄列車内はピカピカです。
まるで東京で地下鉄に乗っているみたいです。




そして、Malostranska(マロストランスカー)駅で下車します。




この広場からトラムに乗って丘の上のプラハ城を目指します。






いつくかの路線があるようです。




「新型もいいけど、旧型の方に乗ってみたいな。。。」




「わ、サムスン号だ。」




プラハ城方面に向かうトラムがやってきました。



「やった、旧型だ。」





広々とした車内はとても快適でした。




Prazsky Hrad(プラハ城)駅で下車します。






ここからは徒歩でプラハ城に向かいます。






「削り取りの術???」
です。




見えてきました♪




入り口の両側には衛兵さんが待機しておりました。




聖ヴィート大聖堂です。




ロマネスク様式の教会を改築したそうで、ファザード部分はネオ・ゴシックと呼ばれる様式なのだそうです。




内陣も素晴らしいです。






色鮮やかなステンドグラスがステキです。




中でも一番楽しみにしていたのがこのアルフォンス・ミュシャ作のステンドグラスです。
上からじっくりと眺めてみましょう。




このステンドグラスが見たくてプラハに来たようなものです。
(来てみたらあれもこれもステキな事がよ~く分りましたが。。。)




中央部分です。




下部分です。
本当に繊細でまるで絵画のような美しさを持つステンドグラスです。
このステンドグラス、何と4万枚のガラス片が使用されているそうです。




背後のバラ窓も見事です。




こちらのバラ窓には26,000枚以上のガラス片が使用されているそうです。
まるで万華鏡のように複雑な柄です。




拡大してみました。
いかに手の込んだ作品であるかが分ります。




大聖堂内をもう少し歩いてみましょう。
こちらは正面上部のステンドグラスです。






こちらは聖書の一説をモチーフにしているようですが、






デザイン勝負(???)の幾何学模様もあったり、




飽きないんですよねぇ。。。




とても広いので、色々展示(???)してあります。






単純な色合いの作品はちょっと古い時代のものかな。。。
と思います。





「あ、天使が飛んでいる。」







あのミュシャのステンドグラスは高い技術があってのものでしょう。
中間色や微妙な陰影をつけられるのは高い技術とそれに見合う設備のなせる業だと思います。






いずれにしても、素晴らしいステンドグラスをたくさん見ることが出来て嬉しいです♪




このパイルオルガンの音色、是非聞いてみたかったです。






今にも歩き出しそうなキリスト像です。




何か特別なスペースのようです。
王家の方々が眠っているのでしょうか。






素晴らしい大聖堂でした。



「ありがとございました。」



と後にしようと思いましたが。。。




「あ~、美しい。。。」




大満足です。




「プラハ城」とはかつての王家の居城と教会等の複合体の総称なのだとか。
それでは城内を歩いてみましょう。

こちらの2色のコントラストが美しいのはロマネスク様式で建てられた聖イジー教会です。
(内部の撮影は不可でした。)






どこかのテーマパークにでも来ているかのようですが、こちらが「ホンモノ」です♪




「黄金小路」です。
かつては金細工職人の居住地だったのだとか。。。






こちらの建物はカフカが1916年から1年間、仕事場として使用していたのだそうです。






陶器のボタンをリースに用いるなんてステキですね。








小さな通りには小さなショップが並んでいました。






城壁の向こうにはプラハの街並みが広がっていました。




城壁ですから。。。




ここから火薬を放ったり、水を流したりしたのでしょうか。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2009 プラハ/ブダペスト/ウィーン | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

魅惑のマレーシア[42] シンガポール~成田(A380搭乗記)

2009.03.16 Mon
長々と続いたマレーシア旅行記、お陰様で最終回を迎える事が出来ました。
「短く区切ったら一回分の分量が少なくて更新がラクかな♪」
なんて考えて1日を何分割にもしたのですが、今後は考えたいと思います。
だって。。。




現地滞在1週間弱の旅行記が42回も続くなんて。。。
「連続テレビ小説」もびっくり(???)です。

ホントに皆様、ご協力ありがとうございました。
途中で諦めなかった(飽きて放り出さなかった???)ワタシもエライよ♪と自画自賛しておきましょう、あはは♪




では、優先登場させていただきます。




広々とした機内です。
でも最後にはほぼ満席になるのです、これが。。。




A380-800、2回目の搭乗です。




ジバンシーのロゴの入ったアメニティが配られました。
ジバンシーと聞いて、ラクダ色のウェアを思い浮かべてしまったアナタ。。。



「か・な・り、ステキです♪」



だってワタシのブログの愛読者さまですもんね♪




中身は歯ブラシと靴下でした。




夜食ですね。




到着前の朝食に期待しましょう♪




何だか眠たくなってきました。
もう24時まわっていますし。。。

いつも早寝早起き、「ヨシヲのヨは良い子のヨ」のヨシヲさんにはちょっと辛いです。
日本時間では深夜1時ですからね。




でも、パスと言えずに(「だって写真に撮れなくなっちゃうもん。」)受け取りました。




そして、食べました。




朝食のお時間です。
さすがに熟睡は出来ませんでした。
満席エコノミーのナイトフライトはちょっとキツいですね。
ワタシはB席で、両側の席も埋まっていたので余計にそう感じたのかもしれません。




ふわふわのオムレツです♪




甘さもちょうど良いマフィン。




甘さ普通のフルーツ。




そして、食べなかったパン。




朝7:30成田空港に到着しました。
大きな翼で周りがよく見えません。。。





「皆様、お疲れ様でした!!!」



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 クアラルンプール/カラッカ/シンガポール | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |