RSS|ARCHIVES|ADMIN

ワタシの通信簿(2回目)

2008.08.23 Sat
ふと思い出し、もう一度「ブログ通信簿」をやってみることにしました。
ちなみに前回の結果は⇒コチラです。




通信欄は前回より面白いけど。。。

年齢が、年齢が。。。
10歳以上も上がってるよぉ!!!!!!!!!!

ブログの文体や内容から年齢を割り出すらしいのですが、
ワシは43歳位の文章を書くのかのう。。。
ビックリじゃ。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



Theme:みんなに紹介したいこと | Genre:ブログ |
Category:日常/その他 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

はじめての長崎[18] 長崎~羽田(JALエコノミークラス搭乗記)

2008.08.23 Sat



恐怖の「グッバイコーナー」です。
空港まで見送りに来た人と搭乗を控えた人とが、ガラス越しに見つめ合いインターフォンで別れを惜しむという未練たらしい(???)システムなのです。

こちらの方々は楽しげに会話をしていらっしゃいましたが、次の方々はかなり残酷物語なのでした。

恐らく赤ちゃん連れで長崎に里帰りしていたのでしょう。
ガラスの向こうには見送りに来たおじいちゃん、おばあちゃん。
そしてガラスのこちら側には1~2歳位の赤ちゃんと若いお母さん。。。
最初はガラス越しに何だか楽しそうでしたが、搭乗時間となりガラスを離れるやいなや、赤ちゃんは大きな声で泣き出しました。
向こう側のおばあちゃんも、もう崩れそうに泣いていらっしゃいます。



「物心が付いてから利用しましょう。」



と注意書きが必要だと思います。
赤ちゃんには可哀想過ぎます。




何だかとっても悲しい気分になってしまいました。
飛行機でも眺めて落ち着きましょう。




コレに乗るのかな???




長崎(NGS)~羽田(HND)の搭乗券です。




搭乗時間です。




帰りの便もほぼ満席でした。




帰りはコンソメスープ一杯だけ。
飛行時間が短いせいか、CAさん達も怒った様にサービスしています。
殺気立っていて、ちょっとお声掛け出来る雰囲気ではありませんでした。




羽田空港に到着しました。
緑の尾翼の方がいらっしゃいます。




JAL Eco Jetです。

【JALエコジェットの運航】 2008年6月より就航予定!
JALの地球環境へむけた取組みの象徴として尾翼を緑に塗装した「JALエコジェット(JAL Eco Jet)」 を1機運航し、JALエコジェットを通じて社会の皆さまへ地球環境の大切さを呼びかけてまいります。
JALエコジェット概要:
ボーイング社製 777-200型機 (375人乗り) 1機
尾翼大きさ 高さ10m 幅 8.5m
「空のエコ」紙飛行機 大きさ :長さ(幅)7m、高さ2m
(JAL HPより抜粋)


1機だけ、なんですね。
貴重なモノ、見ちゃいました。

「はじめての長崎」はvol.18を持ちましてお仕舞いとさせていただきます。
最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:国内旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 長崎 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

はじめての長崎[17] 大浦海岸通り~県営バスターミナル(長崎駅前)~長崎空港

2008.08.23 Sat



はじめての長崎の旅ももうすぐ終わりです。




午前8:00前にホテルを後にしました。
反対方向の電車ばかりです。。。




ラッピングしていない電車の方が珍しい位です。




大雨の中、長崎駅前の県営バスターミナルに到着しました。
車内で濡れた靴下を履き替えたり、ウトウトしている間に空港に到着しました。




チェックインに時間のかかる人っているんですよね。。。
そんなに何を揉める事があるのか、興味すら湧いて来ます。




無事(???)チェックインも済み、2階に上がりました。
かなり充実したお土産コーナーです。




「試食もで来ますよ♪」




セキュリティチェックを受けて、待合室に向かいましょう。




中にも小さい売店はあります。
ラウンジはないようですので、ベンチに座って搭乗時間を待つことにしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:国内旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 長崎 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

はじめての長崎[16] 海の見えるレストランで朝食

2008.08.22 Fri


ロワジールホテル長崎の11階にあるレストラン、ラヴィスタ前です。
今日は8:00にはチェックアウトをするつもりで、早めに出てきましたらオープン前でした。。。

「出直します。」




スゴイ眺めです!!




さすが、「ラヴィスタ」と名乗る(???)だけのことはありますね。
ちなみにLa vista=「眺め」って意味です。

実は昨日の朝食は3階の宴会場で、丸テーブルに相席だったのです。
外国人のお客さんもいらっしゃいましたが、何だか肩身が狭そうでした。。。
昨日から修学旅行生が宿泊しているようで、多分、宴会場は彼らが使うのでしょう。
お陰様で、こんなステキなレストランで優雅な気分で朝食をいただけます♪




まずは、洋食の部です。






こちらのホテル、料理かなりいいと思いますよ♪
昨日も「美味しい」とは思っていましたが、宴会場&相席だったので、感激度も今ひとつだったのです。




窓側の席を取れました。
気持がいいです♪




お次は和食の部。




「ちりめん雑魚を乗せたおろし大根」も持ってきましたが、写真がありませんね。。。






満腹です♪




デザートのメロンちゃんは別腹です。




「ご馳走様でした♪」



ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:国内旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 長崎 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

はじめての長崎[15] 南山手・東山手周辺

2008.08.21 Thu



夕食後のお散歩です。




長崎英国領事館とホーム・リンガー商会
明治後期以降の写真で、現存する煉瓦造りの長崎英国領事館(写真左)とホーム・リンガー商会(写真右)が写っています。ホーム・リンガー商会はフレデリック・リンガーらが設立した貿易商社で、茶や石炭、海産物等の取引のほか銀行業・保険業も行っていました。前面の道路は大浦バンド(海岸通り)と呼ばれ、長崎外国人居留地のメインストリートとして多くの行きかう人々で賑わっていました。





大浦海岸通りに建つ旧長崎英国領事館です。
残念ながら、一般に公開はされていないようです。




大浦海岸通りの裏通り???に入りました。






風情のある建物が並んでいます。




その名も「オランダ通り」です。




「東山手洋風住宅群」「東山手十二番館」「旧香港上海銀行長崎支店記念館」「新地中華街」。
思わず足を向けてみたくなりませんか???




結構、急な坂道です。






「オランダ坂」
またもや、オランダです。






オランダ坂
かつて長崎の人々は、出島に住むオランダ人の影響から開国後も東洋人以外の外国人を「オランダさん」と呼び、「オランダさんが通る坂」という意味で、居留地の石畳の坂を一般に「オランダ坂」と呼んでいたそうです。この下のオランダ坂は、明治の初め頃にニールズ・ルンドバーグという貿易商が特別な火薬で開削したもので、写真は道路拡幅前の昭和30年代の様子です。居留地界隈のオランダ坂は、映画やテレビのロケで数多く撮影され、長崎を代表する人気スポットの一つです。





再び、旧長崎英国領事館前に戻って参りました。
ライトアップされておりますが、まだ、辺りは明るいのです。
もう夜の7時を過ぎているのですが、夏のせいなのか、経度のせいなのか、なかなか暗くなりません。

ちなみに、長崎市は日本の最西端に位置しているのだそうです。
(参考:長崎市観光ガイドあっ!とながさきHP)






大浦海岸通りはその名の通り、海は目の前です。




振り向くと、今回宿泊したロワジールホテル長崎もスグそこに見えます。
部屋からも海が見えました。




大浦海岸通から電車に乗ります。




2つ先の終点、石橋で下車して、グラバー園方面に向かいます。
そして「グラバースカイロード」と言う斜行エレベーターで終点(???)まで行きます。
うまく写真に収めることが出来ませんでした。コチラ(長崎市役所HP)をご覧下さい。




夕暮れではなく何だか曇り空のようですが、景色は良いです。




さらに垂直エレベーターで上に参りま~す♪




微妙に街の明かりも灯って参りました。




この細い下り坂は「祈念坂」です。
やっと、薄暗くなってきました。
街灯が少ないので、これ以上暗くなるとちょっと不安かも。。。




大浦天主堂に到着しました。

大浦天主堂とは、長崎県長崎市にあるカトリックの教会堂で、日本最古の現存するキリスト教建築物。
また国宝に指定された唯一の洋風建築でもある(天主堂の「天主」とはキリスト教の神の意味)。正式名は「日本二十六聖殉教者天主堂」。
(Wikipediaより抜粋)





大浦天主堂からそのまま坂を下り続けると、何だか立派な建物に辿り着きました。




長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館「重要文化財 旧香港上海銀行長崎支店」でした。

 香港上海銀行は、開港して間もない幕末の長崎に代理店を置いて活動を初め、明治29年(1896)に長崎支店を開設しました。この建物は、香港上海銀行長崎支店の新社屋として下田菊太郎の設計により、建設され、明治37年(1904)に竣工しました。
 昭和6年(1931)、長崎支店が閉鎖された後は、梅香崎警察署、大浦警察署、長崎市歴史民族博物館として利用され、親しまれてきました。
 平成3年(1991)、市民の声を受けて建物の調査・保存修理に着手、老朽化した建物を半解体修理するとともに長い年月の中で失われた装飾部などの復元を行いました。平成7年(1995)、建物は建設当時の姿となってよみがえり、平成8年(1996)10月に「長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館」として会館しました。


香港上海銀行って、あのHSBCですよね???
明治時代からあったのですか。。。

香港上海銀行
設立翌年の1866年には日本支店を横浜に設立し、その後大阪や神戸、長崎にも次々に支店を開設した。日本政府の貿易金融政策の顧問業務や造幣への協力を行った他、日本最初の近代的銀行で、東京銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)の前身である横浜正金銀行がその体制を作る際には、香港上海銀行をそのモデルにし、香港上海銀行も多くの協力を行なった。
(Wikipediaより抜粋)





歩道橋の上から見てみることにしました。




暗くて見えにくいですが、「旧香港上海銀行長崎支店」の全景です。

明日は東京に帰ります。
今日もよく歩きました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:国内旅行記 | Genre:旅行 |
Category:JUL2008 長崎 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |