RSS|ARCHIVES|ADMIN

南米旅行記④ フランクフルト⇒サンパウロ(ルフトハンザ航空ファーストクラス搭乗記 その2)

2008.02.22 Fri
いよいよサンパウロに向けて出発します。






乗客は全部で5人。
こうでなくっちゃ、ね。
ちなみにシート数は12です。
これだけ人が少ないと天井の低さも気になりません。(変ですね。。。)
席に着くと

「アタクシがチーフパーサーのXX(忘れました。。。)です。何なりとお申し付け下さい。」

と丁寧に挨拶に来て下さいました。
そう言えば、NRT⇒FRAではそういう挨拶なかったぞ。

サービスも全般的に「真心込めたおもてなし」というよりは
「ワッショイ!ワッショイ!エンヤとっとぉ!!(意味不明ですか???)」な感じだったしなぁ。。。
満員御礼でテンパってたのかな。
(満員たって12人ですけどね。。。)

ちなみにこのGRU(サンパウロ)線ですが、キャビンには3名のCAさんがいました。
乗客2人に1人のCAさんですね。
贅沢です。
で、担当して下さるCAさんに

「お腹が空いていないので(というより満腹)夕食はパスして眠ることにします。」

と告げると、なんだか悲しそうな顔をするので、

「だって、さっきお宅のステキなラウンジで一杯食べたんだも~ん!」

と言うとニッコリ微笑んで厚手のブランケット(薄手の掛け布団?)を持ってきてくれました。
このCAさん、最後までホントに愛想が良く気持ちよいサービスを提供して下さいました。
このCAさんのお陰(?)でLHポイントアップです!
周りに人がいないのでゆっくり休むことが出来ました。




目覚めると窓の外にはこんなステキな光景が。。。
見惚れていると、さっきのCAさんが寄ってきて

「ステキよねぇ!」ってとってもいいスマイル。
普段見慣れているんだろうに、いい人だなぁ。。。




オレンジジュースをお願いしました。




朝食のメニューです。




カトラリーを並べていると、




一輪のバラが。。。



「この美しいバラはあなたの方がお似合いですよ。」



と言ってウインクなんて出来る訳もなく、おとなしく頂戴致しました。。。
美味しそうなパンと




「あ、ヌテラだぁ。。。」

nutellaとジャムを貰いました。
そしてカートに数種類のハムを載せてやってきました。





「あ、なな、生ハム、生ハムぅ!」



「全種類下さい。それと生ハムはもう一枚下さい。(やった!!)」




ヨーグルトに貰ったジャムを落としてみました。




そろそろサンパウロに到着です。


スポンサーサイト



Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |