RSS|ARCHIVES|ADMIN

さようならRIMOWA

2008.01.30 Wed
スーツケースはずっとリモワを使ってきました。
軽いしデザインが好きだったのです。
でも、もうやめる事にしました。

理由は、「リモワは旅行には向かない。」と思ったからです。
スーツケースが旅行に向かないって。。。
本当です。
壊れやすいのです。

ワタシが最初にリモワと出会ったのは10年位前。
あの軽さと一目でリモワと分かるデザインに惹かれて、思い切ってTOPASを購入。
その後、何の問題もなく使い続けてきました。
もうそろそろ買い換えたいな。。。と思っていた折、あのカラフルなシリーズが発売されました。
SAMBA、LIMBOです。
このシリーズは素材がジェラルミンではなく、さらに軽いポリカーボネート製で、見た目も斬新で値段もTOPASに比べたらとても安く感じたので、2年ほど前に買い替えました。

さてこのLIMBOさん、購入してから4度使用しましたが3度壊れました(`ε´)
はっきり言って、ひ弱過ぎです。
1回はトップのハンドルがぶっ飛び、あとの2回はホイールがぶっ飛んでいました。。。
旅行に行く度に壊れてバゲージクレームで文句(言わないと修理してくれません)言って、ホトホト疲れて&呆れて、そのうちになるべく使わないようになっていきました。
ちなみに最近、短い旅行にはムジのキャリーを使っています。まだ一度も壊れていません。

先日、有楽町のビックカメラに行った時に、安くて軽いスーツケースを見かけたので、思わず購入してしまいました。
安いスーツケースなら壊れても気楽に買い替えられるし、ストレスフリーだなと考えたからです。
(最近成田では航空会社で談合(?)をしているのか、ホイールの破損についてはクレーム修理を受け付けないようです。)

購入する時に
「どうもリモワは壊れやすいような気がします。」と店員さんに話したところ、
「リモワは本体とホイールとを接続している軸が、スーツケースの大きさの割りに細いと思う。」
との事でした。

たまたま2回続けて同じ航空会社を利用しました。
X航空の海外のバゲージクレームカウンターではホイールがぶっ飛んだ時に修理を受け付けてくれたのに、同じX航空の成田のカウンターでは修理を受け付けないと言われたのです。

「同じX航空を利用したのに空港によって対応に差が出るというのはどういうことですか!」と言ったら、
「今回はCクラスご利用ですので、受け付けます。」と、無料で修理をしてもらえることになりました。
Yだったらキッパリ断られたかもしれません。。。

成田のバゲージクレームカウンターには
「各航空会社の見解として、スーツケースのホイールの破損についてはその責は負いかねます。」
といった旨(文言をハッキリ覚えていないのです。)のプリントが用意されています。
申し合わせというか、談合でしょう。。。やっぱり。

本日届いたスーツケースと大ヒンシュクのリモワ。
(新しいスーツケースはポリカーボネート製でした。リモワと持ち比べてみましたが、重さの違いは分かりません!)




もう2度と買いませんよ~だ。(のつもりです。弱いなぁ。。。)

※あくまでも個人的意見です。特定の企業を誹謗中傷するつもりはありません。
※購入等の判断につきましてはご自身で確かめられる事をお勧めします。

スポンサーサイト



Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:日常/その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ためしてみます。

2008.01.30 Wed


携帯からブログの更新が無事に出来るか試してみたかったんです。
今日水道橋で撮ったマンホールの蓋の画像を貼付して投稿してみます。

真ん中は桜の花のマークなのですが、分かりますか???
この携帯に付いてるカメラ、かなり画素数が少ないので若干心配です。
海外で使えて出来るだけ軽いという条件で選んだので、その他の機能は二の次だったのです。
そろそろ買い換えたいなぁ。。。

Theme:日帰りお出かけ | Genre:旅行 |
Category:日常/その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2007年10月のシンガポール③「シリーズ過去旅」

2008.01.28 Mon
さて、3日目、最終日です。

タクシーで空港に向かい(早すぎてMRTは動いていません。。。)チェックインを済ませ早々にラウンジへ。
またも画像がありません。たぶん朝食を食べるので精一杯だったのでしょう。。。
なので、いきなり上空です。




朝食が配られました。(ラウンジで済ませた筈ですが、勿論いただきます♪)




全く期待していなかっただけに(失礼ですが。。。)満足のお味でした♪




機内の画像も全くないまま、到着前に配られたランチボックスです。
開けてみると




こんなもん、ですよね。
久し振りのシンガポールはなかなか楽しい所でした。


Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:OCT2007 シンガポール | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

2007年10月のシンガポール②「シリーズ過去旅」

2008.01.27 Sun
2日目です。

観光出来るのは今日一日しかないので悔いの残らないよう(?)朝から突撃モード(??)です。
目覚めてすぐベランダに出てみました。






ホテルで朝食をたっぷり取った後、周辺を少し(次のスケジュールもありますし。。。)歩いてみました。






快く撮影に応じてくれました。




宿泊したホテルです。
さて、いよいよ本格的に(?)観光スタートです。
MRTで、ラッフルズ・プレイス駅に向かいます。












何故か撮ってしまう公衆電話さん。




ラッフルズ・プレイス駅です。




駅を出て川沿いに歩きます。






外観がとても美しいフラトンホテル・シンガポール。
(入場はしていません。。。)




もう我慢できない!の像(勝手に命名。)






そしてマーライオン公園に到着。
マーライオン2匹(?)おりますが、母子という設定らしいです。
ちなみにお父ちゃんはセントーサ島に単身赴任しています。

たしか、最初からあるのは子役マーライオン。
初めて来た時はまだこんな立派な公園はなくて、小さいお地蔵さんみたいなのが、水も吐き出さずにちんまりと1人(?)たたずんでいたのでした。。。




対岸には巨大ドリアンが転がっております。
エスプラネードシアター・オン・ザ・ベイです。




はい、次です。
再びMRTに乗ってPAYA LEBAR駅に向かいます。
線路を見ると。。。




死なないでネ!の看板が。。。多いのでしょうか。




こんな通りに出ます。




都心とは街の雰囲気が明らかに違います。




プラカナンの住居が並ぶカトン地区に到着しました。
シンガポール観光局から貰った資料によると




「17世紀ごろまでにマレー諸島に渡ってきた中国系移民の男性と地元マレー系の女性が結婚して出来た子孫がプラカナン。中国文化にマレー文化、さらに植民地時代にはヨーロッパや近隣諸国の文化も取り入れた独自の文化を生み出した。カトン地区にはプラカナン女性(ニョニャ)の伝統衣装や工芸品、料理の店も。砂糖菓子のような建物が印象的。」
なのだそうです。








砂糖菓子のような建物が大量に現れました。




この地区に来ると関帝廟もこの通り。




ホントに美味しそうなお宅です。









さらに歩きます。






ガイドブックやテレビで見たことのあるショップを通り過ぎます。










こんなファンシーなヒンドゥー教のお寺は初めてです。





カトン名物、ラクサです。
「ピリ辛ココナッツミルクカレーヌードル(アサリも入ってるよ!)」という感じです。

途中でスコールになったので、雨宿りも兼ねてカルフールに立ち寄り、お土産になりそうなものを物色しつつクラーク・キー駅に戻ってきました。




夕食にはまだ少し時間があるものの、ちょっとこれ以上歩きたくないな。。。
と思っていたら、ホテルの横の駅ビル(Central)の1Fに亜坤(ヤ・クン・カヤ・トースト)を発見!
チャイナタウンにしかないと思っていたのですがこんなところにもあったので即入店。

カヤ・トーストの画像はありません。(食べるのに精一杯だったのです。。。)
「ココナッツミルクジャム・トースト」とでも言ったらいいのでしょうか。
ココナッツミルク好きとしてはたまらないお味です。

夕食はハーバーフロント駅直結のショッピングセンター「Vivo City」の中の巨大フードコート「food republic」で食べました。
(画像はありません。。。たぶん疲れていたんだと思います。。。)





寝る前にベランダに出てみました。






明日は4時起きです、はぁ。。。


Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:OCT2007 シンガポール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2007年10月のシンガポール①「シリーズ過去旅」

2008.01.26 Sat
2007年の10月にUAで貯まったマイルを利用してシンガポールに行きました。
その時の記録です。

UAで貯まったマイルを消費しようと考えて、10月の3連休でアジアに行くことにしたものの、バンコクをはじめ、香港、台湾、韓国などなどアワードで取れる席は全て満席。
やっと取れたのがシンガポールなのでした。(人気ないのかな。。。)
シンガポールは久し振りです。最初に勤めた会社の社員旅行で行ったきりです。

今回のスケジュール。
06OCT(SAT) NRT(17:55)⇒SIN(23:55)
08OCT(MON) SIN(7:15)⇒NRT(14:05)
深夜着、早朝発。実質1日です、トホホ。




新塗装と旧塗装が並んでいました。
ちなみに当日ワタシが搭乗したのは新塗装の方でした。
(乗っちゃえば変わらない。。。ですよね。)

チェックインして出国審査を済ませたら特にすることがないので、いつもの通りNWのラウンジへ行きます。
ワタシはPriority Passを持っているので、たとえエコであろうが、UAに乗ろうが、成田空港ではNWのラウンジに入場出来ます♪




NWのラウンジなので、UAの搭乗時間になってもお知らせはありませんので、適当な時間に搭乗口に向かいます。




やはり、狭いです。。。




この日提供された機内食。「唐揚げ弁当」と言ったところです。
変わったモノを出されるより、安心して(?)食べられました。




今回宿泊したのはSwissôtel Merchant Court, Singapore。
直接ホテルのサイトから予約しました。2泊で¥43,000程でした。
MRTクラーク・キー駅からスグのとても便利な場所です。
ベランダに出てシンガポール川を眺めることも出来ます。

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:OCT2007 シンガポール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |