RSS|ARCHIVES|ADMIN

南米旅行記⑰ 仁川⇒成田(全日空(NH)エコノミークラス搭乗記)

2008.03.14 Fri
南米旅行最終日です。

今回の南米旅行はスターアライアンスの世界一周航空券を利用しました。
仁川(ICN)の次の行き先はシンガポール(SIN)です。
そしてその後成田(NRT)に帰るルートで予約しています。
このICN-SIN-NRTの部分を後日使うことにしました。

という訳で、韓国で発券したANAのエコノミークラスで帰国します。
エコノミークラスのためANAのラウンジは使えません。
こんな時にはプライオリティパスの出番です。
2007年10月のシンガポール旅行でも活躍しました。

これまで、ICNではKALラウンジが利用出来ましたが、提携先ラウンジが変更になっていました。
新しくPRIORITY PASSで入場出来るラウンジは、トランジットホテル内のレストランスペースとの事です。




入口は2階です。




レストランスペースです。
KALラウンジは広さは十分ありますが、いつも乗客が一杯でガヤガヤしていましたので、こちらの方が静かでいいかもしれません。

「ブッフェスタイルですからご自由に。」

との事ですので、早速行ってみましょう!




思ったより充実しています。




KALラウンジよりいいかも。。。




あまり空腹感はなかったので、少しだけ。。。




マッシュルームのクリームスープです。美味しぃ~♪




おにぎり食べたい。。。




ICN⇒NRTのチケットです。
ノーマルYの1年オープンチケットです。
往復で日本円にして7万円弱。。。それにしても高いです。




搭乗時間となりました。



「えっ、子供用ですか???」



本当にちっちゃいです。
大丈夫なのでしょうか???
国内線でももっと大きいの飛ばすんじゃないの???

「アタシ、海外旅行初めてぇ!」(懐かしいのぅ。。。)的な日本人OL風は、



「やだぁ~♪ こぉ・わぁ・いぃ~!!」



などと感想を仰っています。



「アンタ、来る時もコレに乗って来たんぢゃないのかいっ!!」



と教えてあげようかとも思いましたが、盛り上がっていらっしゃるので放置です。




3-3の全席エコノミークラス。

「ヲ~イ!」観光バスですか???コレ。。。

こうなったらいっその事、自由席にしたら。。。





「ちょっと、ちょっと、ちょっとぉ~!!」



久し振りにお目に掛かりました。
まだ現役なんですね。
懐かしくなって試してみましたよ。
やっぱり「懐かしい音」でした。




そして期待通りのランチボックスです。




さっきランチは済ませたのでオレンジジュースを飲んで終了。



「あれっ、うすい。。。」



と思って良くみたらハングルで「オレンジドリンク」って書いてありました。
(一本取られました。)

「100%でお願いしますよぉ。。。」




富士山が見えて参りました。
成田空港はもうすぐです。

これにて、南米旅行記は終了とさせていただきます。
長らくのお付き合いどうもありがとうございました。

スポンサーサイト



Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

南米旅行記⑯ 仁川(韓国)

2008.03.13 Thu
「どうして南米旅行記なのに韓国なのさぁ???」



との事(自問自答)ですが、



「お家を出てからお家に帰るまでが遠足です。」



と小学生の時校長先生に教わりましたので、大丈夫です。

「おウチに帰るまでが遠足か。。。」

ワタシは遠足帰り、悪ガキ仲間と空き地で残ったお菓子を貪り食っている所を、たまたま通り掛かった校長先生に見つかって叱られたという酸っぱい経験の持ち主です。
(ネタじゃありません。ホントですよ!!)

さて、エアポートリムジンバスに乗ってホテルに向かいます。
今回ソウルで宿泊したのは久し振りの明洞エリアです。
明洞までは605-1番のバスでW9,000(ウォン)≒¥1,000です。

ホテル最寄りのバス停「乙支路入口」で下車します。(日本語のアナウンスも入りました。)
宿泊することにしたのは40年以上の歴史を誇る老舗のメトロホテルです。
2005年4月にリニューアルが完了したということで泊まってみることにしました。




デラックスルームにはシングルサイズベッドが1台とダブルサイズベッドが一台設置されています。




さらに、応接スペース(?)まであります。




TVが薄型でないのが残念。。。




トイレはウォシュレットです。




ここには写っていませんが、バスタブ付きです。




歯ブラシは自分で用意しましょう。

今回のソウルは乗り継ぎが目的でしたので、グルメもショッピングも何の予定も立てていませんでした。
が、急遽冬物の上着や下着などを買う事になってしまい、ちょっとピンチです。
時刻は20:00を少し回りました。

「これから「東大門市場」まで行くのは面倒だなぁ。。。」

と思い、フロントの女性に聞いてみました。

「東大門市場ですね。。。」(・・・やっぱり。)

「もう少し近くがいいです。明洞にはありませんか???」

まわりのスタッフと相談してくれた結果、

「ミリオレの明洞店が9時までです。」

「ミリオレか。。。メンズなんてあるのかな???」

と半信半疑になりながらも制限時間がどんどん迫ってきますので、ダッシュで行ってみます。

お店のほとんどの階はレディース、日本人も沢山見かけました。
フロア案内を見るとどうやら4Fだけがメンズのようです。

予想に反して、着られそうな服が結構ありました。
(失礼な話ですが、ソウルのショップはレディースは充実していると思いますが、ことメンズに関してはほんの少し前まで「まだまだ感」があったのです。)

ジャケット1着ゲット!!取り敢えず寒さはしのげます。
「らくだのスウェット」から解放されます。

ミリオレではメンズの下着は見つかりませんでした。
こんな時は地下商店街です。
地下商店街ではありとあらゆるモノを見つけることが出来ます。
ただ、問題は時間です。こんな時間(21時頃)までやっているのか。。。

地下街を歩き回ります。
やはり多くの店が閉まっています。



「ダメかな。。。コンビニで買うか。」



と思っていたところ、今まさにお店を閉めようとしているオヂちゃんショップを発見。

「こんばんは。大丈夫ですか???」

と入店。
下着ゲット!です。
安心したところでちょっと散歩でもしてみましょうか。。。

実はちょっと気になっていた所があるのです。
リムジンバスから



「何だかギラギラした所」



がチラっと見えていたのです。

「たぶん、市庁前の「ソウル広場」だな。。。」

ちょっと行ってみました。



「事件でーす!!! 早く来て下さい!!!」





「何と言うことでしょう!!!」




「ソウル広場に巨大ティアラが出現です。」




しかも、ティアラの中はアイススケートリンクですよ。ニクいねぇ~。
何てオシャレなんですか。。。

東京ミレナリオの円形バージョンですか。
東京ミレナリオは毎年楽しみに見物していましたが、終了してしまったんですよね。。。
まさか、ソウルでこのギラギラに会えるなんて。。。
もう、神戸ルミナリエしかないと思っていたらココにありました。
ホテルへの帰り道、ふと南大門の方に目をやると、南大門の下がモクモク。。。



お次は「南大門水蒸気ショー」ですか。。。



「ホントに派手好きだなぁ、韓国人は。。。」

と思いながらホテルに戻ります。
(寒いのでもう帰ります。)




明洞の入口(出口?)です。




「ちょっとやり過ぎ???」

翌朝です。
朝食はホテルでも取れますが、折角ソウルに来ているので外に出ます。




朝の明洞です。




さすがに早朝は静かですね。




「着きました!」




ワタシの大好きなソルロンタン(牛肉や牛骨を長時間煮込んでダシを取った乳白色のスープ)のお店、味成屋(ミソンオク)です。




ソルロンタンです。
素麺も入ってます♪




ご飯を丸ごと入れます。




塩、胡椒で好みの味にしていただきます。




ココはキムチ類も好みの味なんです。




おかわりしました♪
食事の後は地下鉄駅に寄ります。
目的は




T-money(ティモニ)カードを買うことです。

T-money Cardはソウルのスイカです。
これとは別に釜山にはハナロカードと言うのがあります。
SuicaとICOCAのような互換性はまだないようです。

ワタシのなんちゃって韓国語で駅員さんに尋ねてみると、
「カード本体はW10,500(≒¥1,100)、チャージはW1,000単位」との事でした。
※ご自身でお確かめ下さい。

水蒸気ショーと思っていた南大門ですが、朝のニュースで「韓国の国宝第一号の南大門が全焼」と知り言葉を失いました。

リムジンバスで空港に向かう途中、南大門を見かけました。
美しかった南大門は見るも無残な姿になっていました。

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

南米旅行記(番外編) 機内で貰ったスウェットとは。。。

2008.03.12 Wed
勝手に絶賛連載中の南米旅行記⑮にてSQ(シンガポール航空)でらくだ色のスウェットを貰ったお話をさせていただきました。
読んで下さったハチドリさんより



「らくだ色のスウェット見せて!」



との熱い(?)ご要望を頂戴いたしましたので、今回は噂の「らくだ色のスウェット特集」です。
こんなの貰いました。。。




「う~ん、どうでしょう。。。」





細部にもこだわりが。。。
SQのシンボルマークが眩しいです。

らくだ色の上下のスウェットです。
「下」は只今使用中(爆)です。




このようなブラウンのシックな巾着に入っていたので、中身を出そうとしてビックリしました。



「中身もこの色でいいじゃん。。。(脱力)」



みたいな。。。
貰ったのはLサイズでした。
Lサイズと記されていましたが、この大きさ日本ではLLサイズですね。

ブカブカ、ダラダラで着てみるとダラシナイ感で一杯なんです。
まぁ、機内でちょっと着る分には何の不満もありませんが。。。
この度は事情により街中で着用するハメになりましたもので、はい。

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

南米旅行記⑮ サンフランシスコ⇒仁川(シンガポール航空 (SQ)ファーストクラス搭乗記)

2008.03.11 Tue
定刻より15分程の遅れでSFO(サンフランシスコ)に到着しました。
乗り継ぎ時間は1時間半を切っています。

ターミナルを移動し、SQのカウンターを探します。





ターミナル内はこんな感じです。

時間がありません。急ぎます!!
昨日の朝にシャワーを浴びたきりなので、どうしてもシャワーを使いたいのです!
あんなに時間の有り余ったブエノスアイレスの空港にはシャワーの設備がありませんでした。
(ラウンジだけでなく、空港自体にです。)

エセイサ空港のインフォメーションでも確認しましたが、案内嬢は



「シャ~↑ ワ~↓ アァ~↑ ???」



と素っ頓狂な声を上げました。
ワタシは思いっきり的外れな事を聞いてしまったようです。
搭乗前に空港でシャワーを浴びるなんて彼女にとっては有り得ない事なのでしょう。。。



「うぉ~!!」



SQのクリスラウンジ発見!!!
藁にもすがる思いで受付のおにいさん(アジア系でした。SQのスタッフなのでしょうね)に



「シャ、シャ、シャワーを使いたいのです。。。」



「もうすぐ搭乗時間だから5分だけですね。(ニコっ)」

と笑顔で案内してくれました。
はぁ、これでコギレイになってSQに乗れます♪
ゼーゼー、ハァハァでしたので、写真は一切取れませんでした。
いよいよ搭乗です♪





あぁ。。。






まぁ。。。





シートの前方、



「1階は荷物置き場、2階は足置き場でございま~す!」





足元に荷物が置けるので天井に荷物スペースはありません。

「いいのですか、ワタクシのような若輩者が。。。」

あぁ、どうしよう。。。先ほどからニヤニヤしっぱなしです。
このままでは危険過ぎます。




シャンパンを飲んで落ち着きましょう。




SFO⇒ICN(仁川)のチケット半券です。




高級ヘッドホン(メーカー不明)です。



「え~、只今CA様よりフェラガモのポーチを頂戴致しましたぁ。」





広々しているので中身を全部出してみましょう。




スゴイですね。。。(中身を出すヒトも。。。)




この革の表紙の高級なモノは




メニュー様なのでございます。





そして、このジバンシー様は。。。


ナイトウェア(昼間でもそうなのかい???)なのでした。
興奮して中身の写真は撮っていませぬ。。。
と言うより、中身は「らくだ色」でしたので微妙な感じで、つい。。。

「離陸したら何をお飲みになりますか?」

と聞かれておりました。




トマトジュースです。
機内で初めて飲んでのですが、いいものですね。




ナッツをいただきました。
ちなみに高級そうな器はジバンシーのモノでした。
(はい。高級そうなので、裏を拝見致しました。基本です。)



「どうしよう。。。」





「決めることが多すぎる。。。」




カトラリーです。




パンが配られました。
ガーリックトーストをいただきました。





「キャハっ。。。」



キャビア様が、ど~ん。




薄味の葉っぱのスープです。
選択肢がロブスターのクリームスープかこちらで、甲殻類アレルギーの身としましては選択の余地がございませんでした。。。




美味しそうに盛り付けられたサラダ
ちょ、ちょっと酸っぱいです。。。




こちらはメニューにはないパッションフルーツのジュース。

サプライズなんだそうです。
ま・さ・に、サプライズ。(酸っぱさに。)
目が覚めました。




メインは



「子羊のお肉ちゃま」です。





デザートはご飯茶碗一杯の固めのゼリー(「ぷるんぷるん」のが良かった。。。)にチョコレートのアイスクリームが「デーン。」と乗っています。




カプチーノをいただいて
ちょっと昼寝でもしてみようかと思います。




ベッドが登場。
いいんですか。。。こんなの生まれて初めて見ました。
飛行機の中にベッドがあるなんて。。。

CAさんにお願いをすると、シートを水平に倒して、ベッドパッドを敷いて、その上にシーツを敷いて、枕をいくつも並べて、フカフカの掛け布団をかけてくれます。



「ひえ~っ。。。」



何かいけないことをしている気分になりながらもすっかり熟睡です。
ちょっとお昼寝のつもりがすっかり熟睡です。。。
目覚めると、仁川まであと2時間。。。



「ぎょっ、ぎょ、ぎょ、ぎょ。。。」



SQ自慢の23インチのワイド画面で映画を観る事もなく、高級ヘッドホンで音楽を楽しむことも無く、ワタシのSQファーストクラスの旅は終わってしまうのですか???

気分良く眠ることが出来ましたし、この快適空間をサービスして貰ったんですから、いいんです。いいんです。いいんです。。。

「何か召し上がりますか???」

とCAさんが尋ねて下さったので軽食のコースをお願いしました。
(夕食のコースは時間的に厳しいかな、と思い止めました。)



軽食のコースの前菜はロブスター。。。



「パス」です。



いいんです。アレルギーですから。。。
メインはビビンバにしてみました。






「は・て・な。。。」



「こちらは有名な韓国料理なんですの♪」



とCAさんはサーブして下さいました。

「え~っと。アナタ、ホンモノ見たことあるの???(心の叫びです。)」と思いつつも、

「そうなんですか。うぁ~、美味しそう!!」と演技派のヨシヲさんなのでした。




こちらはどう見てもジャパニーズ・ミソスープですし、お味もまさに「ザ・味噌汁」でした。
韓国にも「テンジャンチゲ」と言うのはありますが、味噌汁とは少し違います。
デザートは。。。






「・・・。」



さっきのドンブリゼリーにパッションフルーツのソースをかけたモノです。
パッションフルーツ大好きさんなら大喜び!でしょうけど。。。
一体どうしたんですか、SQさん!

「ロブスターの前菜、シンガポール風ビビンバ、味噌汁、トロピカルフルーツのデザート。」

取り合わせが。。。「ヘン」です。
でも、機内の環境は最高だし、CAさんは素晴らしいし、ビバSQです。
最高のおもてなしを受け、仁川国際空港に着陸しました。



「お客様!」



着陸したと思ったら、いきなり制服を来た係員が乗り込んできました。



「ぎゃ、逮捕???」



「アメリカで荷物を運んでないでしょう!!」(日本語です。)



(えっ、ワシントンDCで預けた時に仁川までスルーって聞いてたのに。。。)

「す、すいません。サンフランシスコでスーツケース運ばなきゃいけなかったのですか???」

「いいえ、ユナイテッド航空のミスで荷物を運んでいないですから。」
(「運んでないでしょう!」⇒「運んでないです。」「運んでいないようです。」だったのね。。。)

「スーツケースを探して、もし見つかったら日本に送ります。メーカーは何ですか?サムソナイトですか。。。」
(「ガーン。」今回はどうなってもいいようにノーブランドの安物買って使ったら、本当にそうなってしまいました。)

「メーカーはありません。確か中国製です。」

「分りました。色は何ですか???」
(「ガッカリ。」と顔に書いてありました。)

などとやり取りをしているうちに、お掃除隊の隊員達が手に手に掃除機を抱えて乗り込んできます。。。
(嫌だなぁ。。。すごく気まずい気分。。。)

「外でお話しましょう。」と言って、やっと機外に出ました。

お世話になったCAさん達はとっくにいなくなっています。
何だかミジメな気分です。
そして。。。





「ファーストクラスのお客様には、15万ウォンあげるんですので。」



と言ってお見舞金を下さるのでした。
ダウンジャケットやフリースは行方不明になってしまったスーツケースの中です。
寒いので「仕方なく」あの「らくだ色のスウェット」をかぶってホテルに向かいます。



「ワタシ、今の今までファーストクラスで「ご旅行」していましたのに。。。」



何だかあまりのミジメさに楽しくなってきました。
スーツケースのその後はコチラです。
さっさとリムジンバスでホテルに向かいましょう。

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

南米旅行記⑭ ブエノスアイレス⇒ワシントンDC⇒サンフランシスコ(ユナイテッド航空 (UA)ビジネス⇒ファーストクラス搭乗記)

2008.03.10 Mon
さて、いよいよ今日から帰国の旅が始まります。

ブエノスアイレスからワシントンDCまで約9時間30分のフライト。
そして1時間30分で乗り継ぎをして、サンフランシスコまで約6時間。
ラストは1時間30分で乗り継ぎ+チェックインをして仁川(韓国)まで約13時間のロングフライトです。

どうなんでしょう。。。
そもそも、ちゃんと乗り継ぎが出来るのか。。。
米国の国内線は



「遅延やフライトキャンセルなんて当たり前!!」



と聞いているので心配です。
ホテルから空港まではレミース(ハイヤー)で向かいました。
$80(アルゼンチンペソ)≒¥3,000です。




ブエノスアイレス・エセイサ国際空港です。
ワタシはここで読み違いをしてしまいました。
チェックインカウンターは終日空いている訳ではなかったのです。



「とっとと荷物預けて早めにゆっくりしよう♪」



と考えていましたが「カウンターのオープンは19時から」との事です。
空港に到着したのは17時でした。
仕方がないので、



「ベンチdeボー。。。」



とても寒い(オヤヂギャグが)&ミジメ過ぎです。

「よっしゃ、19時ですよ~!」





「お願~い!!開けておくれよ。。。」



やっとこさのチェックインです。




ビジネスクラスです。



「あの~、スタアラの世界一周ファーストチケット買ってるんですけど。。。」



つくづくケチなUA。
南米路線は寡占状態ですから強気なんでしょうね。。。

追記:本来はファーストクラスに乗れます。手配をお願いしたJTBのおねーさんがたぶん慣れていなかったのでしょう。。。(苦笑)
ちなみにJTBに手配をお願いするのはこれが最初で最後(苦笑)となりました。。。


先に行きましょう。




またまた、見慣れない機材発見!!




アルゼンチン航空かぁ。。。次はいつ会えるのかな???




免税店です。
特に買うものはありません。




ラウンジでのんびりしましょう。











「えっ???」



そ・し・て。。。



ラウンジ内の空調は扇風機。。。
ラウンジ内の空調は扇風機。。。
ラウンジ内の空調は扇風機。。。




ラウンジが狭いと言うより、利用者数に対してスペースが追い着いていないようです。
立って、無理やり飲み食いしている方もいます。

ワタシは早々にラウンジに入りましたので席はキープ出来ましたが、ワタシのヨコにも立たされてるおじさんがいます。
おじーさんなら譲ってあげるけどね。。。




EZE(ブエノスアイレス)⇒IAD(ワシントンDC)ビジネスクラスチケットです。




ついでにIAD⇒SFO(サンフランシスコ)ファーストクラスチケットです。
次の乗り継ぎ時間では撮れないと思ったのでここでパチリ。
国内線はエコノミーとファーストの2クラス制です。
実質ビジネスクラス、ですね。

搭乗の時間となりました。
ラウンジを後にします。



「す、涼しい。。。」



ラウンジの外の方が快適な環境なのでした。
どおりでラウンジに入ってくるなり、皆さん一様にしかめっ面をする訳です。




機内は普通です。




ナイトフライトです。
気になるリクライニングは想像していたより良かったです。




序の口ですな。。。




機内食のメニューです。






英語、スペイン語の併記でした。




ナッツが配られました。





「サラダですけど、何か???」



「サラダって適当に切った野菜にタレをかければいいんでしょ、別に。」的な。。。

「あれっ??? 前菜の前にサラダなんですか???」
(あくまでも心の叫びです。)




「分ってるわよ!!前菜でしょ、ゼ・ン・サ・イ!!」
※実際には言っていません。顔には書いてあっても。。。



「ほらっ。」






「・・・。」



米国式なんでしょうか。。。
もう帰りたい気分(帰っています、確実に。)で一杯になりながらも、メインはカネロニにしてみました。




スゴイのが3本並んでました。後の祭りです。
1本でノックアウトです。

泣きながら(嘘です。)コーヒーを飲んでおりましたら、





「ドォォォ~ン。」



キャラメルコーヒーババロア???
(Dulce de lecheってメニューに書いてありますね。。。)

一口でバタンキュー(死語)。
これまた米国式でしょうか。。。

寝ます。
寝た方が良さそうです。

途中でトイレに立とうとスニーカーを通路に出してモジモジやっておりましたら、スチ男がすっ飛んできて



「ここは通路ですから、何とかかんとか・・・。」



「ギーっ!!! 分かっとるわいっ、そんなに仕事熱心なら盛り付けちゃんとしておくれ!!!」



(あくまでも心の叫びです。)




ワシントンDCまであとわずかです。




朝食は、「果物を適当に切ったモノ」と「干乾びたクロワッサン」。
イチゴのヨーグルトはアルゼンチン製でした。

あ~、アルゼンチンが恋しい。。。
(てか、これってアルゼンチン製???)

ようやくワシントンDCに到着です。
乗り継ぎ時間は1時間半しかありません。

入国審査を受け、スーツケースをピックアップし再び預け直します。
(ここでスーツケースを預けたら仁川までスルーです。)

小走り&早歩きで、ほぼ搭乗時間にゲートに辿りつきました。
一安心です。
再び、UA機に乗り込みます。




機内はこんな感じです。
優しそうなCAさんがチラっと写っていますが、先ほどと打って変わってニコヤカでステキな方でした♪

シートはEZE-IAD間と同様ですが、リクライニングの角度が狭くなりました。(シートに付いているボタン等の数も減りました。)そしてシートピッチも狭いです。
座席備え付けのディスプレイや音楽等のサービスもありません。(短いフライトですし、不満はありません。)

機内アナウンスが入りました。

「定刻より15分遅れとなるが、到着はなるべく遅くならないようにしてみる。。。」

との事。
次はSFO(サンフランシスコ)のSQ(シンガポール航空)カウンターでチェックインをしなければなりません。。。
ターミナルの移動もあるし、ドキドキです。




機内食が配られました。
メニューは配られず、シリアルかオムレツか選択するように言われました。
コレが見た目通り美味しかったのですよ。良かったぁ。。。




美味しそうなベーグル。
「ニューヨークの朝」な気分です。
キレイなフルーツさん。




先ほどのUA(EZE⇒IAD)とのギャップに戸惑いながらも無事(?)SFO(サンフランシスコ)に到着です。
お次はこの旅一番のロングフライト、SQでSFO⇒ICN(仁川)です。

Theme:海外旅行記 | Genre:旅行 |
Category:FEB2008 世界一周(SA) | Comment(13) | Trackback(0) | top↑ |